2021年11月16日

写真エッセイ─あおもり心象百景 その4 岩木山─4 借景 写真・文 山内 正行(編集者/青森市在住) Photo Essay - One Hundred Images of Aomori Part 4 Photographs and text by Masayuki Yamauchi (editor, based in Aomori City) Mt. Iwaki-4 Borrowed scenery

 弘前学院聖愛高校硬式野球部の原田一範監督に取材をして、本にしたことがある。

 本のタイトルは『弘前学園聖愛高校 原田一範物語 りんごっ子で日本一』(泰斗舎・2014年刊)。

 同校野球部は2013年、夏の甲子園に初出場を果たした。その甲子園では、青森県出身者だけのナインで、ベスト16に進出し、県内外の話題をさらった。

 甲子園でのお立ち台でインタビューに応じる原田監督の受け答えにピンときて、大会後すぐ、知人を介して出版企画を提案し、快諾をいただいた。

 取材は計8回、4か月に及んだが、いつも目に飛び込んできたのは、グラウンドの真正面にデンと鎮座する岩木山だった。

 最高の借景(しゃっけい)!

 筆者は、訪ねる度にそう思った。


@聖愛高校グラウンド.jpg

 借景とは? 辞書で引くと、「造園技巧の一つ。庭園外の山や樹木の風景を、庭園の一部としてとり入れたもの」(『日本国語大辞典』小学館)とある。

 岩木山を借景として最大限に生かしている庭園と言えば、弘前公園に他ならない。特に公園本丸からの眺めは、春夏秋冬を問わず、まさに絶景である。


B10下旬本丸から岩木山冠雪の.jpg

 グラウンドの場合、借景という表現は当たらないのだろう。

 しかし、背景の岩木山は、やはり借景であり、主景は土にまみれる部員たちの姿、と筆者には映った。

 この岩木山は、原田監督にとって、どんな存在なのだろうか。

 尋ねてみると。

「私にとって岩木山は、何があっても見守ってくれている存在です。グラウンドで練習している中、順調な時も逆境の時も、いつも見守ってくれてます。勝って帰ってきても、負けて帰ってきても、いつも『おかえりなさい』と受け入れてくれています。そんな母親のような存在です」

 味があって、実(じつ)がある答えが返ってきた。


Cカバーデザインol_cs5.jpg



写真説明(上から順に)

・聖愛高校グラウンドから見る岩木山(2013年当時)

・弘前公園本丸から冠雪の岩木山と紅葉(10月下旬)

・『弘前学院聖愛高校 原田一範物語 りんごっ子で日本一』(山内正行・原田一範著/泰斗舎刊)





Photo Essay - One Hundred Images of Aomori Part 4

Photographs and text by Masayuki Yamauchi (editor, based in Aomori City)



Mt. Iwaki-4 Borrowed scenery



 I once interviewed Kazunori Harada, manager of the hardball baseball team at Hirosaki Gakuin Seiai High School, for a book.

 The title of the book is "Hirosaki Gakuen Seiai High School: Harada Kazunori Story Ringokko de Nippon-ichi" (Taitosha, 2014).

 The school's baseball team made its first appearance at the summer Koshien tournament in 2013. At the Koshien, the team made it to the last 16 with a lineup consisting only of players from Aomori Prefecture, and the team was the talk of the town and the prefecture.

 I was so impressed by Harada's answers to the questions he gave in an interview on the grandstand at Koshien that I proposed a publication plan through an acquaintance soon after the tournament, and he readily agreed.

 During the  eight interviews that I conducted over a period of four months, I was always struck by the sight of Mount Iwaki, which sits directly in front of the ground.

 The best borrowed scenery!

 I thought so every time I visited.

 What is "borrowed scenery"? According to the dictionary, "It is one of the landscaping techniques. It is one of the landscaping techniques, in which the scenery of mountains and trees outside the garden is incorporated as a part of the garden" (Japanese Dictionary, Shogakukan).

 Hirosaki Park is the only garden that makes the most of Mt. The view from the park's main circle is especially spectacular in spring, summer, autumn and winter.

 In the case of a ground, the expression "borrowed scenery" is probably not applicable.

 However, the background of Mt. Iwaki was a borrowed scenery, and the main scenery was the members of the club covered with soil.

 What kind of existence does this Mt. Iwaki have for Director Harada?

 I'll ask him.

" Mt. Iwaki is always watching over me, no matter what happens. When we are practicing on the ground, whether things are going well or in times of adversity, they are always watching over us. Whether we come home with a win or a loss, she always accepts us and says, 'Welcome home. She's like a mother to me."

 The answer came back with taste and substance.



Photo Description (from top to bottom)

@ Mt. Iwaki seen from the Seiai High School ground (at the time of 2013)

A Lotus pond and Mt. Iwaki from the main circle of Hirosaki Park (early August)

B Snow-capped Mt. Iwaki and autumn leaves from the main circle of Hirosaki Park (late October)

C Hirosaki Gakuin Seiai High School: Harada Kazunori Story Ringokko de Nippon Ichiryu" (The Story of Harada Kazunori, written by Masayuki Yamauchi and Harada Kazunori, published by Taitosha)

posted by うとう有詩 at 07:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。