2022年01月19日

写真エッセイ─あおもり心象百景 その8 写真・文 山内 正行(編集者/青森市在住) 合浦公園(がっぽこうえん)─U 啄木(たくぼく)文学碑

 歌人・石川啄木(いしかわたくぼく)の青森県内にある文学碑を訪ね歩いたことがある。きっかけは、大間町在住の御仁から依頼された、啄木に関する本づくりだった。

@青森市・合浦公園にある石川啄木の文学碑.jpg

 啄木の文学碑は、県内に5基存在する。野辺地町、十和田市、八戸市、大間町、そして青森市の合浦公園である。

 同公園のは、海辺の砂浜に建ち、松の木陰に趣深く佇む。

 船に醉ひて

 やさしくなれるいもうとの

 眼見ゆ津軽の海を思へば

A合浦公園にある文学碑の碑文.jpg

 この歌は、啄木が明治40(1907)年5月4日、妹の光子とともに青森港から船で北海道に渡った際に、詠まれたものである。

 啄木は明治19年、岩手県に生まれ、同45年に東京で没した。わずか26年間の人生ではあったが、一家離散、借金、恋愛、漂白など、逸話には事欠かない人物である。

 啄木は青森県との縁もそこそこあって、特に野辺地町とはゆかりが深く、3度訪れている。僧侶の伯父・葛原対月(かつらはらたいげつ)が町内の常光寺(じょうこうじ)の住職であったからである。啄木の父・一貞(いってい)も一時、この寺に身を寄せたことがある。文学碑は町内の愛宕山(あたごやま)公園に建ち、

 潮かをる

 北の浜辺のかの浜薔薇よ

 今年も咲けるや

 と、刻まれている。

B野辺地町・愛宕公園にある文学碑.jpg

 十和田市の文学碑は、十和田湖休屋のホテル十和田荘に、八戸市のはJR八戸駅近くにある。

 残りの大間町の文学碑については、本づくりの話もあるので、稿を改めて紹介したい。

 ちなみに、啄木の墓は、函館市の立待岬近くの高台にあって、筆者も訪ねたことがある。そこは岬へと続く道路沿いなのだが、前を歩く観光客は誰も墓で足を止めようとしない。かつてあれだけ函館観光の方便に用いられた啄木も、今は昔なのだと感じないわけにはいかなかった。
C函館市にある「石川啄木一族の墓」.jpg





写真説明(上から順に)

@ 青森市・合浦公園にある石川啄木の文学碑

A 合浦公園の文学碑の碑文

B 野辺地町・愛宕公園にある文啄木学碑

C 函館市にある「石川啄木一族の墓」




Photo Essay: 100 Images of Aomori, Part 8

(Photo and text by Masayuki Yamauchi, editor, based in Aomori City)



Gapo Park - II: Takuboku's Literary Monument



 I once visited the monument of Takuboku Ishikawa in Aomori Prefecture. The reason for this was to write a book about Takuboku, which was requested by a person living in Oma Town.

 There are five literary monuments to Takuboku in Aomori Prefecture. There are five literary monuments to Takuboku in Aomori Prefecture: Noheji Town, Towada City, Hachinohe City, Oma Town, and Gapo Park in Aomori City.

 The monument in Gapo Park stands on the sandy beach by the sea, in the shade of pine trees.

 Drinking in a Boat

 The eyes of a woman who can be kind to others

 When I think of the sea of Tsugaru

 This poem was written by Takuboku on May 4, 1907, when he and his sister Mitsuko went to Hokkaido by ship from Aomori Port. The poem was written on May 4, 1907 when Takuboku and his sister Mitsuko left Aomori Port for Hokkaido by ship.

 Takuboku was born in Iwate Prefecture in 1881 and died in Tokyo in 1923. Although he lived for only 26 years, there is no shortage of anecdotes about his life, such as his family separation, debt, love life, and drifting away.

 Takuboku had some connection with Aomori Prefecture, especially with the town ofNoheji, which he visited three times. He visited the town three times because his uncle, Taigetsu Katurahara, who was a Buddhist priest, was the head priest of Jokoji Temple in the town. Takuboku's father, Ittei, also lived at this temple for a while. The monument is located in Atago-yama Park in the town.

 The tide is breaking

 A rose on the northern shore of the beach

 Will it bloom again this year?

 is inscribed on it.

 Towada City's monument is located at the Hotel Towadaso in Lake Towada's Yasumiya district, and Hachinohe City's is near JR Hachinohe Station.
 The rest of the monuments in Oma Town will be introduced in another article as there is a story about the making of the book.

 Incidentally, Takuboku's grave is located on a hill near Tachimachi Misaki in Hakodate City, which I have visited. It is located along the road leading to the cape, but none of the tourists walking in front of me stopped at the grave. I couldn't help but feel that Takuboku, who was once used as a tourist attraction in Hakodate, is now a thing of the past.



Photo Description (from top to bottom)

(1) Ishikawa Takuboku's monument in Goura Park, Aomori City

(2) Inscription on the monument in Gapo Park

(3) Monument to Takuboku in Atago Park, Noheji Town

(4) Tomb of the Ishikawa Takuboku Family in Hakodate

posted by うとう有詩 at 16:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。