2022年02月16日

写真エッセイ─あおもり心象百景 その10写真・文 山内 正行(編集者/青森市在住) 青い海公園─スズガモに誘(いざな)われ

 4月初旬、春日和の朝だった。

 青森市の青い海公園に出かけ、海辺のデッキからかつての青函連絡船「八甲田丸(はっこうだまる)」の方向を見たら、海面に小さな物体が何個か浮かんでいた。

@.jpg

 携えていたカメラで、ズームアップしてみると、そこには鳥の姿があった。その顔は黒く、目は黄色く、背は灰色で腹は白くて、なんとも美しかった。

 それまで野鳥には、あまり関心がなく、名前などは知るすべもない。あとで図鑑を購入して調べてみたら、スズガモであることがわかり、しかもそれはオスだと判明した。

 美しいと思い、かわいいと感じ、自然における生命の多様性に心動かされた。

A.jpg

 それからというものやけに野鳥の姿が、目に入るようになる。意識することで、それまで見えていなかったものが、自然に見えてくるということなのか。

 そうなると、どんどん興味は増して、野鳥観察にのめり込むことに……。

 とはいっても筆者のは、最初にスズガモを見たせいか、もっぱら海鳥の観察・撮影である。

 その理由は、ダイナミックな海原の景観に魅了され、その大自然の中に生息する海鳥が神秘的に思えたからである。

 青い海公園で、スズガモに誘われて始まった野鳥観察は、全県の海岸に及んだ。

 その中でどこがいいかと聞かれれば、津軽半島の東岸部、青森市から外ヶ浜町蟹田あたりまでの上磯(かみいそ)地域、と迷わず応えるだろう。

 筆者のような初心者には、身近に野鳥と出合える海岸なのだ。小さな川がいくつかあって、陸奥湾へと流れ込む河口付近が最適である。

 様々な海鳥に出合うその時々は、青森県の自然の素晴らしさを再認識させられる時々でもあった。

B.jpg

C.jpg


 
写真説明

@かつての青函連絡船「八甲田丸」、手前にはスズガモの一群が(4月初旬)

Aスズガモ。左に浮かぶ褐色がかったのはメス

B青い海公園にある「赤い絲(あかいいと)のモニュメント」、背景は青森県観光物産館アスパム

C青函連絡船に貨車を搭載するために使われた「可動橋」





Photo Essay: 100 Images of Aomori, Part 10

Photographs and text by Masayuki Yamauchi (editor, based in Aomori City)



Aoi Umi Park - Lured by a sea duck



 It was a sunny spring morning in early April.
 I went to Aoi Umi Park in Aomori City and looked out from the seaside deck in the direction of the Hakkodamaru, a former liaison ship between Aomori and the Pacific, and saw several small objects floating on the surface of the sea.

 When I zoomed in with my camera, I saw a bird. Its face was black, its eyes yellow, its back gray, and its belly white.

 Until then, I had not been very interested in wild birds and had no way of knowing their names. Later, I bought an illustrated book and looked it up, and found out that it was a tin duck, and a male one at that.

 I thought it was beautiful and cute, and was moved by the diversity of life in nature.

 After that, I started to see wild birds more and more. I wondered if being aware of them meant that I could naturally see things that I had not seen before.

 As this happened, my interest grew and I became more and more absorbed in bird watching. ......

 However, perhaps because I first saw a tin duck, I have been observing and photographing seabirds.

 The reason for this is that I was fascinated by the dynamic landscape of the ocean and found the seabirds that live in this natural environment to be mysterious.

 My bird-watching started with the tin duck at the Blue Sea Park, and extended to the coasts of the entire prefecture.

 If you were to ask me which area was the best, I would have no hesitation in saying the Kamiiso area, from Aomori City to Kanita, Sotoga-hama Town, on the eastern coast of the Tsugaru Peninsula.

 For a beginner like me, this is a place where I can encounter wild birds in close proximity to the shore. The best place to go is near the mouth of the river, where several small rivers flow into Mutsu Bay.

 Every now and then, I encountered a variety of seabirds, which reminded me of the beauty of nature in Aomori Prefecture.


 
Photo Description (from top to bottom)

(1) A flock of tin ducks in the foreground (early April).

(2) Tin duck. The brownish one on the left is a female.

(3) "Akai Ito Monument" in Aoiumi Park, Aomori Prefecture Tourism and Product Center ASUPAMU in the background.

(4) The movable bridge used to carry freight cars on the Seikan Bridge.

posted by うとう有詩 at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。