2022年03月16日

写真エッセイ─あおもり心象百景 その12 写真・文 山内 正行(編集者/青森市在住) 雲谷(もや)スキー場─温故知新

 北京冬季五輪で、我が国の選手が活躍するのに触発され、一文を草してみたい。

 ここに3枚のモノクロ写真を紹介する。ご年配の方々の中には、きっと懐かしく思うご仁も多いのではないだろうか。

@.jpg

A.jpg

B.jpg

 いずれもスキー全盛時代の青森市の雲谷スキー場の風景。当時、昭和47年(1972年)開催の札幌冬季五輪が、スキーブームに火をつけたのである。

 この頃、青森市民は、ほんとうにスキーに親しんでいたと思う。「スキーカーニバルin雲谷」の写真が、そのことをよく物語っている。

 ゲレンデで仮装大会が行われ、大人も子ども参加して、無邪気に楽しんでいる。

 それから雲谷スキー場には、ジャンプ台もあった。確か50メートル級規模と記憶している。

 公式大会も行われ、最も熱を帯びたのは、県下中学校スキー大会ではなかったか。

 同大会について、少し記録を調べてみると、昭和47年の第22回大会を皮切りに、それ以降十数回にわたって開催されたようだ。

 ジャンプはもちろん、アルペン競技も行われ、県内の中学生チャンピオンを決めた。同時に全国大会の予選も兼ねていたので、選手たちは、ここ雲谷を踏み台に大舞台へと羽ばたいていった。

 筆者は40年近く前、スキー競技に間接的に関わる機会があり、それをきっかけに、競技ファンになった。

 青森県はかつて、“スキー王国”を自負していた。オリンピアンを何人も輩出している。

 しかし、スキー人口はどんどん減少し、競技力も衰退の一途をたどっているというのが現状のようである。

 雪は、今も変わることなく、たっぷりある。王国の復活と言えば大袈裟だから、せめて市民こぞって楽しめるような新たな試みはないものだろうか。

C.jpg


 
写真説明(上から順に)

@ 昭和45年1月11日、雲谷スキー場で行われたジャンプ競技の様子。この当時は、両腕を前に伸ばす飛行姿勢で飛ぶ選手もいた

A 昭和46年1月3日、雲谷スキー場。頂上には「雲谷スカイランドホテル」が建つ

B 「スキーカーニバルin雲谷」の様子(昭和39年)

C 現在の雲谷(もや)スキー場

※掲載したモノクロ写真は、いずれも小山内文雄氏撮影、小山内豊彦氏提供





Photo Essay: 100 Images of Aomori, Part 12

Photos and text by Masayuki Yamauchi (Editor / Aomori City, Japan)



Moya Ski Resort: Learning from the past



 Inspired by the success of our athletes at the Beijing Winter Olympics, I would like to draft a sentence.

 Here are three black-and-white photos. I am sure that many of you older people will remember them fondly.

 All of them are scenes of the Moya ski resort in Aomori City during the heyday of skiing. At that time, the Sapporo Winter Olympics held in 1972 ignited a skiing boom.

 At that time, Aomori citizens were truly familiar with skiing. The photo of the "Ski Carnival in Moya" is a good illustration of this.

 A costume contest was held on the slopes, and both adults and children participated, enjoying themselves innocently.

 There was also a ski jump at the Moya ski resort. As I recall, it was 50 meters high.

 Official competitions were also held, the most exciting being the prefectural junior high school ski competition.

 A little research into the records shows that the event was held more than a dozen times since then, starting with the 22nd event in 1972.

 The jumps as well as the alpine events were held to determine the junior high school champions in the prefecture. The event also served as a qualifying round for the national championships, so the athletes used this place as a springboard to the big stage.

 Nearly 40 years ago, I had the opportunity to be indirectly involved in skiing, which is how I became a fan of the sport.

 Aomori Prefecture used to pride itself on being the "Kingdom of Skiing. It has produced a number of Olympians.

 However, the skiing population has been declining rapidly, and the competitiveness of the sport seems to be on the decline.

 Snow is still plentiful and unchanged. It would be an exaggeration to call it a revival of the kingdom, but at the very least, there must be some new attempts that can be enjoyed by all citizens.


 
Photo Description (from top to bottom)

(1) Jumping competition at the Moya ski resort on January 11, 1970. At that time, some jumpers flew with their arms stretched out in front of them.

(2) Moya ski resort on January 3, 1971. The Moya Skyland Hotel stands at the top.

(3) "Ski Carnival in Moya" (1964)

(4) Present-day Moya)Ski Resort

posted by うとう有詩 at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。