2017年03月29日

電子ブック『青函“考”路』10号までアップしました!

青函文化経済研究所同人情報誌『青函“考”路』の10号(2017年1月30日発行の電子ブックが、泰斗舎ホームページでご覧いただけるようになりました。

10号表紙.jpg

10号では、

鞄本総合研究所主任研究員の藻谷浩介氏の連載寄稿『カリーニングラード日帰りの記A』

青森県立保健大学特任教授の小山内豊彦氏の新連載寄稿『家康の政治原理は今も!?』

などが掲載されています。



http://taitosha.jp/seikan/index.html


『青函“考”路』最新号は成田本店各店で発売中です。


季刊『青函“考”路』では、平成29年度同人会員を募集しています。お問い合わせは「青函文化経済研究所」017-744-9070まで。


posted by うとう有詩 at 15:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

「コピーが刺さる広告デザイン」に掲載されました!

 「コピーが刺さる広告デザイン」(グラフィック社)に青森市観光振興会議のポスターが紹介されました。制作やデザインに関わる仕事の方やクライアントなどが参考にする実用書のような本ですが、全国の選ばれた作品しか紹介されないので、非常に名誉なことです。

刺さるコピー.jpg
 青森市の四季のイメージを、それぞれの観光資源の写真をメインに制作した「青森市の魅力を知っていますか?」(4連ポスター・総合版)。

写ポス.jpg
 ねぶた、りんご以外に比べ認知度が低い青森市の観光コンテンツを擬人化させたキャラクター制作した「ねぶた以外にもあるんだけど……」。

キャラポス.jpg
 2パターン10枚のポスターが4ページにわたり掲載されています。ポスターのコンセプトなどの詳細は、「コピーが刺さる広告デザイン」(グラフィック社)をじっくりと読んでください。


posted by うとう有詩 at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

電子ブック『青函“考”路』4号・5号アップしました!

青函文化経済研究所同人情報誌『青函“考”路』の4号、5号の電子ブックが、泰斗舎ホームページでご覧いただけるようになりました。

青函考路4.jpg

青函5号.jpg



4号では、

鞄本総合研究所主任研究員の藻谷浩介氏の連載寄稿『首都圏で破滅的に進む高齢化―そのとき青森は?』

函館国際コンベンション協会副会長の櫻井健治氏の寄稿『青森・啄木のあし跡』

などが掲載されています。

5号では、

鞄本総合研究所主任研究員の藻谷浩介氏の連載寄稿『史跡・名勝・天然記念物を地域活性化に活かす方法とは』

東京青晴会会員の小川九成氏の寄稿『完全試合第一号の思い出』

などが掲載されています。

http://taitosha.jp/seikan/index.html

『青函“考”路』最新号は成田本店各店で発売中ですので、是非一度読んでみてください。

季刊『青函“考”路』では、平成28年度同人会員を募集しています。お問い合わせは「青函文化経済研究所」017-744-9070まで。
posted by うとう有詩 at 15:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする