2020年06月18日

『神谷直樹詩集 楽器病棟』(泰斗舎)発刊!

第26回青森県詩人連盟賞受賞、詩誌『六番目の母音』主宰の神谷直樹氏の『神谷直樹詩集 楽器病棟』(泰斗舎)が発刊されました。

『妻の砂時計』から六年。
傷を負ったミズノホシを慰撫する、おだやかな旋律たち。
待望の。渾身の。27篇。

定価2000円(税別)。お求めは泰斗舎HPで。 http://taitosha.jp/ 全国送料無料です。

楽器病棟.jpg
posted by うとう有詩 at 09:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

『あおもり海辺の花紀行』ベスト10入り

『あおもり海辺の花紀行』が、3月29日(日)付の東奥日報朝刊文化面「読まれています」欄の青森(成田本店調べ、15〜21日)で、ベスト10にランクされました。好調な売れ行きで、お買い上げいただいた読者のみなさまには感謝申し上げます。
2020.3.29東奥日報ベスト10.jpg
この本には海辺に咲く花が146種紹介されていて、写真点数は405カットに及びます。
筆者によると、海岸での花の観察は、山岳部に比べて地形的にアップダウンがほとんどないので、年配の方々にはうってつけということです。
『あおもり海辺の花紀行』(写真・文:山内正行/B5判・オールカラー・全96ページ)定価1200円(税別)
※泰斗舎ホームページからの購入は1冊から送料無料)
posted by うとう有詩 at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

『あおもり海辺の花紀行』東奥日報に掲載!!

泰斗舎発行の『あおもり海辺の花紀行』(写真・文 山内正行)が、本日付(2020.3.24)の東奥日報に紹介されました。<br>
「県内の海岸に生育する花々を一堂に紹介したものがほとんどなかった。多彩でダイナミックな海の景観と花々を楽しんでほしい」<br>
「変化に富んだ海辺の景観と花々を身近に感じることができる私たちは恵まれている」<br>
「海辺に限らず県全体の自然に対する保全・保護に意識を高めなければと再認識させられた」<br>
といった筆者の声も掲載されています。<br>
『あおもり海辺の花紀行』はB5判オールカラー、全96ページ。<br>
定価1320円。泰斗舎ホームページからの購入は、1冊から全国送料無料!!
2020.3.24東奥日報-中.jpg
posted by うとう有詩 at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする