2015年08月27日

好評販売中です

『愛しの昭和青森市s30〜63年の記憶』の発売から2週間が経ちました。

おかげさまで幅広い年齢層の皆様に好評をいただいております。

アマゾン用表紙.jpg

8月23日の東奥日報朝刊掲載の書籍のランキングでは、残念ながら第2位でした。1位は……『火花』でした。

成田本店のHPで紹介されているランキングでも第2位!やはりここでも『火花』が……

スクリーンショット 2015-08-27 09.18.jpg

http://narihon.co.jp/webhp/html/

次こそは…



『愛しの昭和青森市s30〜63年の記憶』は成田本店はじめ県内書店、泰斗舎HPまたはアマゾンオンラインショップで絶賛発売中です!

http://taitosha.jp/







posted by うとう有詩 at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

『青函“考”路』4号発売中!

青函文化経済研究所同人情報誌『青函“考”路』の4号が発売されました。

青函考路4.jpg

今回は、

鞄本総合研究所主任研究員の藻谷浩介氏の連載寄稿『首都圏で破滅的に進む高齢化―そのとき青森は?』

函館国際コンベンション協会副会長の櫻井健治氏の寄稿『青森・啄木のあし跡』

などが掲載されています。

『青函“考”路』は成田本店各店で発売中ですので、是非一度読んでみてください。

季刊『青函“考”路』では、平成27年度同人会員を募集しています。お問い合わせは「青函文化経済研究所」017-744-9070まで。


posted by うとう有詩 at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

予約受付開始!

写文集『愛しの昭和「青森市」s30年〜64年の記憶』の予約受付を開始しました。

愛しの昭和チラシ.jpg

昭和30年代から昭和が終わりを告げた64年ごろまでの青森市内で撮影された写真を中心に、その写真当時の青森市の様子を文章で綴る写文集です。

これまでこういった郷愁を誘う写真集は目にしたことはあるかと思いますが、この本では、中心街のみならず、青森市郊外の地域や林業王国として活気にあふれていた山野部にもスポットをあてています。

当時を知る方には懐かしく、知らない方には新鮮な驚きがある本に仕上がりました。

発売は8月上旬を予定していますが、2000部限定販売ですのでご予約はお早めに!

ご予約は、お近くの書店または泰斗舎HPで承ります。


posted by うとう有詩 at 13:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。